美味しいお水を低価格で使用する事ができるウォーターサーバー

>

毎月沢山水を使用するという方は水の料金が低価格のサーバー

違約金は違約金や解約金と書かれている

ウォーターサーバーを契約することで、解約する際に解約金が生じる場合があります。
例えばですが、2年契約で使用していた際に、2年以内に解約してしまうことにより違約金が生じてしまう場合があります。
最低利用期間という表示があれば、最低利用期間を過ぎることで解約金は生じません。
しかし、2年更新などの更新タイプについては、更新月以外は解約金が生じてしまうかも知れないので、契約月を覚えておきましょう。
この違約金については、違約金・解約金として書かれているものもあれば、サーバー撤去費用などの呼称で請求されることがあります。
そのため「解約金は無料」と明記されていても「サーバー撤去費用が生じる」など、解約金とは異なる言葉で請求されることもあるため注意が必要でしょう。

ウォーターサーバーはスマホや光回線と同様

単純に「水の価格だけ」で考えるならば、ウォーターサーバーより水道水やスーパーの低価格のペットボトルの方が安く、「ウォーターサーバーは高い」と一概にはいえないのです。
ウォーターサーバーは、水を家まで配達してもらい、家でいつでも手軽に美味しい冷水と温水を飲めるのが最高でしょう。
毎日水を買いに行き自分で持ち帰り、冷蔵庫に入れ冷やしたり、ポットで沸かしたりするなどの手間がなくなり「価格の良さ」も含めて検討してみましょう。
ウォーターサーバーについては、スマホや光回線と同様に「規定利用期間」があり、その期間に満たない場合で解約した時の「解約料」が定められている場合が多いです。
解約料は1万円を超えるということも多いため、「ちょっとだけお試し」したい際は、解約料が掛からないというメーカーを選びましょう。


TOPへ戻る